富士ジョギングクラブ

新規メンバー募集中!!静岡東部のマラソンチームです。募集しているのは初心者歓迎。男女問わず楽しく参加出来る人。体力を付けたい人。スタイルを良くしたい人。マラソンに興味がある方は、ぜひご応募ください。 問合せ先 hironori.k0120@i.softbank.jp また、当ブログは、【実践❗️マラソンを速く走るコツ】 【美容、ダイエットの秘訣編】 【大会報告】 【その他】に分けて記事をアップしています。 メンバー以外の方でも当ブログでランニングについて参考にして頂けたらと思います。

H31.2.10 富士宮駅伝大会

こんにちわ、ヒロです。

富士ジョギングクラブの最大ビッグイベント、『富士宮駅伝大会』に挑みました。

f:id:takamine01202004:20190213041658j:image

この大会は、1951年から続いている歴史ある大会です。更に出場チームには、実業団、自衛隊箱根駅伝を狙う大学や地域の大学陸上部、全国区の高校駅伝チームをはじめ、現役選手から強豪ランニングチームなど

もちろん、会社仲間達で組んでいるチームを含めた230チームが集まります。

 

富士ジョギングクラブからは、1チーム6人編成で

男子チーム 『富士ジョギングクラブ A』

女子チーム 『富士ジョギングクラブ B』

選抜チーム 『富士セントラルAC』

のエントリーです。

 

そして、10時に富士宮市役所からスタートの号砲が鳴り響きました。

 

f:id:takamine01202004:20190213041642j:image

『富士ジョギングクラブA』の目標は6区まで襷を繋ぐことです。

  実はこの大会はレベルが高く、トップチームから定められた時間以上離れると、4区、又は6区で繰上げスタートとなってしまいます。半数以上のチームが襷を途絶えてしまう厳しい大会なのです。

  実際にはかなり厳しい目標です。一人一人が少しでも記録を削っていかないといけないのです。

 

4区への襷リレーは無事に渡った連絡が入りました。最後の難関、第五中継所で皆んなで襷が繋がる事を願って待っている間は着々と繰上げスタートの準備が進められます。繰上げ襷を持ったランナー達がスタートラインに集まった時に、『富士JC A』の5区ランナーYさんが中継所に向かって入ってきました。

『間に合ってくれ〜‼️』

皆んなで大声で声援を送りました。

しかし、

バーン‼️

むなしく、目の前で繰上げスタートがされました。

 

それでも、Yさんは襷を渡す相手が居なくても最後まで必死にスピードを落とすこと無く走り切りました。すごく胸が熱くなりました。

この悔しさを忘れないように、来年は襷を繋ぐリベンジを目標にしたいです。

 

結果  総合104位

 

 

『富士ジョギングクラブB』の目標は本格的な駅伝を楽しむことです。

  女子チームにとってかなり過酷な駅伝大会となりました。しかし、所々応援に駆けつけると、それに全力で立ち向かう姿を見ることが出来ました。

 

区間記録を見ても普段の練習と比べて明らかに速くいい走りが出来たと思います。

 

また、襷を繋ぐことが出来ない中、最後までチームとして集中力を切らさないところも素晴らしいと思いました。

 

全員が、今持っている力を出せたと思います。今回の走りを秋の山中湖駅伝で出せれば必ず3位入賞はいけると思います。

 

 来年は200位以上を目指していきたいと思います。

結果  総合206位

 

 

『富士セントラルAC』の目標は総合20位以内です。

  1区には今大会注目選手のH選手が入りました。圧巻の走りでした。中継所500m手前までは6位をキープしていて最後に吐いてしまいましたが、それでも市町村対抗駅伝の40歳以上区間賞選手よりも先に中継所に入ってきました。事実上、静岡県40歳以上では1番速いです。

 

  2区は私が担当しました。オーバーペース気味で走っても前後にいる大学生、自衛隊、現役選手になかなか太刀打ちができず順位を7つダウンの24位に落としてしまいました。

 

 3区はチーム山の神Hさん、4区は市町村対抗駅伝代表のYさんです。30位付近をキープして後半戦に襷が渡りました。

 

5区のOさんは、一気に力を付けてきた選手です。大会でも普通に入賞出来るランナーに成長しました。先日のトラック練習での転倒がありながらも持ち前のスピードでアンカーに襷が渡りました。

 

6区のNさんもスピードがあるランナーです。最後の心臓破りの坂も一気に上りゴールな飛び込みました。

結果  総合33位

来年こそは20位以内を目指していきます。

 

もちろん、この先の目標はここに座ることです。

f:id:takamine01202004:20190213041816j:image

こうして、一大イベントに幕が下りました。

f:id:takamine01202004:20190213041744j:image

各チームとも十分に記録向上の余地はあります。次は10月の山中湖駅伝で表彰台を狙いにいきたいと思います。