富士ジョギングクラブ

新規メンバー募集中!!静岡東部のマラソンチームです。募集しているのは初心者歓迎。男女問わず楽しく参加出来る人。体力を付けたい人。スタイルを良くしたい人。マラソンに興味がある方は、ぜひご応募ください。 問合せ先 hironori.k0120@i.softbank.jp また、当ブログは、【実践❗️マラソンを速く走るコツ】 【美容、ダイエットの秘訣編】 【大会報告】 【その他】に分けて記事をアップしています。 メンバー以外の方でも当ブログでランニングについて参考にして頂けたらと思います。

イメージトレーニング

こんにちわ、ヒロです。

ランニングをされている多くの方は

健康の為、

体力を付ける為、

気分転換に、

などなど、なんとなく距離や時間を決めてランニングを楽しんでいる方がほとんどだと思います。

別にそれで楽しければいいのですが、このブログや他の記事を多く読まれるあなたは、無意識に市民ランナーのアスリート領域に僅かに入りかかってます。

今までのやり方では、ここで終わってしまいます。だから上の段階に上がるには新しい事を取り入れないといけないのです。

f:id:takamine01202004:20190123084044j:image

そこで、おススメしたいトレーニングは

『イメージトレーニング』。

これを出来るか出来ないかであなたのランニング能力は劇的に変化します。

 

🔳先日に放送された箱根駅伝を挙げてみます。

   放送ではコース(距離、高低差、高度)、気象条件(風速、風向、気温、湿度)の解説が必ずあります。

  これらの条件に対して自分ならこのコースどう攻めるのか。そして襷リレー後は前方を走るランナー、後ろから追いかけてくるランナーに対して自分ならどう対処するのか。

  

  例えば、区間距離20㎞、基本フラットコースだが15㎞から勾配8度の坂が待ち受けている。

気温8度、湿度40%、風速8mの向かい風

後ろから追いかけてくるランナーが、すぐ後ろにいるとします。

f:id:takamine01202004:20190123083423j:image

あなたなら、どう攻めますか?

 

もし後方が速いランナーなら自然な形で無理せず前に出します。そして、後ろについて風の抵抗を無くして体力温存しつつ、ペースメーカーとして利用します。

 

相手が向かい風と背後のプレッシャーでバテはじめでタイミングよく、前に出て一気に突き放して更に前方ランナーを追走します。

 

もし、しぶとく粘る強いランナーなら15㎞からの登り坂でキツイとこで勝負に出ます。そして温存した体力を有効的に利用して前方ランナーの追走開始します。

 

みたいに、簡単な内容でしたが色々なパターンのイメージでレースをする事が出来ます。

 

また、コースの攻めだけではありません。

箱根ランナーを見て、今はどんな心境で走っているのか。順位を落としてもここは我慢の時だななど自分に置き換えて考えてみるのもイメージトレーニングです。

 

 

ランニングフォームもそうです。こういったフォームで走りたいというのを目に焼き付けます。

どこに重心を置いているのか。

脚のどこに力を入れいるのか。

腕振りはどんな角度でどれだけ大きく振るのか。などなど

それらを自分にイメージで当てはめる事でフォーム作りの基盤が出来るんです。

 

まだまだ、他にも有効的に使えます。大会の下見をしてコースをカラダで覚えます。これを本番ではどういった作戦でいくのか。をイメージトレーニングで立てていきます。

 

実際に僕は毎日お風呂の中でやってます。

やらない日は無いです。

 

要はあれです。好きな人に、どう興味を持ってもらうか。どうすれば心の距離を縮めることが出来るのか。

を考えるのと同じです。

f:id:takamine01202004:20190123083050j:image

イメージトレーニングはいつどこでも出来ます。頑張ってください。