富士ジョギングクラブ

新規メンバー募集中!!静岡東部のマラソンチームです。募集しているのは初心者歓迎。男女問わず楽しく参加出来る人。体力を付けたい人。スタイルを良くしたい人。マラソンに興味がある方は、ぜひご応募ください。 問合せ先 hironori.k0120@i.softbank.jp また、当ブログは、【実践❗️マラソンを速く走るコツ】 【美容、ダイエットの秘訣編】 【大会報告】 【その他】に分けて記事をアップしています。 メンバー以外の方でも当ブログでランニングについて参考にして頂けたらと思います。

下り坂トレーニング 【スピードアップ効果】

こんにちわ、ヒロです。

 

はじめに、

お題の下り坂トレーニングは、僕が一番苦手なトレーニング方法とレース中も一番苦手な地形です。今でも、、、

 

今まで怪我をする時の8割が下り坂です。原因はただ走り方が下手だからですね

_:(´ཀ`」 

 

ちなみに、下り坂は上手い人はマラソン向きとよく言われてます。何故なら、

下り坂では前に転びそうになって、後ろに体重を残してしまい足で踏ん張って、スピードを殺してしまうことに対して、上手い人は重心や体幹をコントロールして重力に任せて、自然にスピードを上げることができ、更に身体に無駄な反発が無くダメージの少ない走りが出来るからです。

 

僕が学生の頃は、監督から長距離向きじゃないと見透かされて完全短距離向きとして強制送還されてました。^_^;  

いじけてた時期もありました。

 

ただし、社会人になってマラソンをやっていく中で下り坂トレーニングの必要性は凄く感じます。ただし、着地ポイントが下手だとモロ脚に衝撃が積み重なるので注意が必要ですが、スピードアップやフォーム改善には凄くいいトレーニング方法です。

 

僕の場合は、2000m(下り坂)×  2本やってます。

 

f:id:takamine01202004:20180902141651p:image

 

f:id:takamine01202004:20180902141655p:image

 

こんな感じです。ペースは人それぞれなので、地形がフラット時のペースに対してマイナス30秒辺りが目安ですね。

 

◼️下り坂のポイントは、

できるだけ速い足の回転を意識してください。

また、腕振りも、より速い回転を意識するとスピードアップに繋がります。

 下り坂トレーニングは、速く走るためのスピード練習なのでスピードに意識することが大切です。

 

足でブレーキをかけてしまわないように、注意してください。着地ポイントは足裏面の前半分くらいです。

 

一番駄目なのは踵着地です。

足でブレーキをかけ身体への負担も大きくなります。身体への衝撃をモロくらい積み重なります。怪我の原因にもなります。

膝に痛みを感じてきたら、とりあえず中止しましょう。また回復したらやればいいので。

 

特に競技力の枠は無く、誰にでも当てはまる練習方法ですので、是非やってみて下さい。

 

下り坂が苦手なヒロでした。