富士ジョギングクラブ

新規メンバー募集中!!静岡東部のマラソンチームです。募集しているのは初心者歓迎。男女問わず楽しく参加出来る人。体力を付けたい人。スタイルを良くしたい人。マラソンに興味がある方は、ぜひご応募ください。 問合せ先 hironori.k0120@i.softbank.jp また、当ブログは、【実践❗️マラソンを速く走るコツ】 【美容、ダイエットの秘訣編】 【大会報告】 【その他】に分けて記事をアップしています。 メンバー以外の方でも当ブログでランニングについて参考にして頂けたらと思います。

マラソンを速く走るコツ【其の17 スピードとストライドの関係】

こんにちは、ヒロです。

速く走るためには、どうしたらいいのか?

◼︎筋力アップ

◼︎ピッチ数を上げる

◼︎ストライドを伸ばす。

◼︎自分のペース配分を把握する。

◼︎スタミナを付ける。

などなど、速く走るようにする為の要素はいっぱいあります。その要素を自分のモノにするために日頃の練習も考えて行う方が成果が現れやすいです。

 

今回はストライドについてです。

よく雑誌や初心者コースのランニング講習では太腿を上げないや、脚の回転を小刻みにと言われてます。たしかに楽な走り方です。が、これからランニングを続けられる方やダイエット目的の方は絶対にやってほしくない走り方です。

 

お手本となる速いランナーは太腿を上げずに走ってますか?小刻みに走ってますか?

 

先程の雑誌みたいな走り方だと、自分から可能性を押し殺して癖をつくるからです。

 

だからと言って速いランナーみたいにストライドを広げて飛ぶように走るのは、厳しくそれなりの筋力、体幹、スタミナなど様々な要素が兼ね備えてないと不可能です。

しかし、一歩でも速いランナーに近づく事が出来ます。

 

ここで、面白いデーターが拾えました。

 

小学3年生のラップタイムデーター

f:id:takamine01202004:20180422202031j:image 

僕(38才)のラップタイムデーター

f:id:takamine01202004:20180422202044j:image

※1㎞あたり1分20秒近くの差があります。

 

この時の次のデーターを見て見ましょう。

 

小学3年生のピッチとストライドデーター

f:id:takamine01202004:20180422202503j:image

僕(38才)のピッチとストライドデーター

f:id:takamine01202004:20180422202555j:image

 

意外と1分間あたりの回転数(ピッチ)は大きく差はありません。

一歩のストライドが大きく違いますね。

あなたのピッチ数も比べてみて下さい。ピッチ数だけならおそらく大きな差はないのでは。

 

ちなみにガーミンのGPSのデーターです。完璧なデーターではありませんが参考になると思います。

 

上記のデーターから、ストライドの大切さが出てきます。

ちなみに、僕の5000m走の時は1㎞あたり3分25秒位でピッチ数は5程増えてストライドが平均1.6m弱でした。

それほど、ピッチ数の差はありませんでした。

 

ただし、問題なのはそのストライドです。

 

例えば自転車の変速ギアが付いている場合、1速は軽くて力を使わずあまり前に進すまない。

(要はランニングで例えると太腿を上げずに小刻みに走る)

 

そこで、自転車の1速しか経験してないランナーが2速、3速と走れる訳がありません。

富士JCでは体幹トレーニングや体操は常にストライドの可動域を広げる事を意識してます。

 

しかしストライドは無理に広げても身体に順応していないと体力の消耗は激しいです。

これは日頃のストレッチや体幹トレーニング、筋力アップ、フォーム改善などの取組みが必要不可決です。少しずつストライドを広げて下さい。

 

是非、あなたの練習にも意識してみて下さい。

 

ちなみに、先程の小学3年の女子は学年で真ん中より少し遅いくらいの実力です。(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎